意思伝達装置研究

【意思伝達装置とは】
 意思伝達装置は、筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis;ALS)等の神経筋疾患により重度の肢体不自由及び音声言語機能障害を有する人が意思表出のために使うコミュニケーション機器(communication aids;CA機器)の1つです。
 障害者総合支援法に基づく補装具に該当(制度上の種目名は「重度障害者用意思伝達装置」)し、補装具を定める告示の購入基準には「文字等走査入力方式」と「生体現象方式」の2つの名称(形式)があり、一般的には、まず「文字等走査入力方式」(いわゆるスキャン入力方式)が使われることになります。

 本研究室では、この意思伝達装置に係る現状調査を行い、機器の普及の支援や、制度の改善にむえての提案を行っています。

【これまでの研究結果】

  • 報告書」は別ページになります。
  • ALS患者に対するコミュニケーション機器導入支援ガイドブック
    • 全編一括(中綴じ印刷仕様:40ページ)[PDF / 2.5MB]

【関係委員等への就任】

  • 2013/11~  :厚生労働省 障害保健福祉部 補装具評価検討会 構成員
  • 2013/01~2013/03:厚生労働省 障害保健福祉部 補装具評価検討会 臨時メンバー
  • 2011/07~2012/03:厚生労働省 障害保健福祉部 補装具評価検討会 WG5(「重度障害者用意思伝達装置」に係る調査) メンバー
  • 2008/12~2009/03:厚生労働省 障害保健福祉部 補装具評価検討会 WG5(「重度障害者用意思伝達装置」に係る調査) メンバー
  • テクノエイド協会受託の厚生労働省補助事業・検討委員
    • 2015/08~  :補装具費支給制度における貸与方式導入に向けた体制構築の在り方の検証等に関する研究
    • 2014/08~2015/03:補装具費支給制度における貸与方式導入に向けた体制構築の在り方等に関する研究
    • 2013/08~2014/03:補装具費支給制度の適切な理解と運用に向けた研修のあり方等に関する調査 補装具種目の構造に関する検討部会
    • 2008/08~2009/03:補装具費支給制度等における貸与方式導入に関する調査研究事業

【関連・参考情報】