意思伝研究班(2014年度報告書)

平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者対策総合研究開発事業(身体・知的等障害分野)))
「音声言語機能変化を有する進行性難病等に対するコミュニケーション機器の支給体制の整備に関する研究」 総括・分担研究報告書

全編一括(ただし、「研究成果の刊行物・別刷」は除く)

【Ⅰ.総括研究報告】
音声言語機能変化を有する進行性難病等に対するコミュニケーション機器の支給体制の整備に関する研究
研究代表者 井村  保

【Ⅱ.分担研究報告】
1.現行制度下における意思伝達装置の支給・利用状況の分析
1-1.重度障害者用意思伝達装置の補装具費支給状況の分析
① 重度障害者用意思伝達装置に対する補装具費支給実績の実態調査
研究分担者 井村  保

② 視線入力方式意思伝達装置における特例補装具費支給実態の推測
研究分担者 井村  保

③ 意思伝達装置にかかる補装具費支給における地域差要因の背景分析
研究分担者 井村  保

1-2.重度障害者用意思伝達装置の利用状況に関する分析
① ALS患者におけるIT機器/コミュニケーション機器等利用背景の分析
研究分担者 井村  保
(参考資料)「IT機器/コミュニケーション機器等」利用者調査票(単純集計表)

② 意思伝達装置利用者の社会活動状況等のヒアリングによる調査
研究協力者 伊藤 史人/研究分担者 井村  保

③ 重度障害児の言語獲得支援ためのコミュニケーション機器の有効性に関する調査
研究協力者 佐々木千穂/研究分担者 井村  保

1-3.コミュニケーション支援の在り方に関する検討
① 難病患者に対するコミュニケーション支援の症例報告の現状調査
研究協力者 金古 さつき、岡田 美砂 、川尻 洋美/研究分担者 井村  保

② IT機器コミュニケーション支援におけるボランティア関与状況
研究分担者 井村  保

2.社会モデルに基づく評価の検討(新基準を想定するための対応状況調査)
2-1.画像処理による非接触入力装置の操作性に関する評価
研究分担者 巖淵  守、井村   保/研究協力者 諏訪園秀吾、中川 恵嗣、由谷  仁、田中 栄一

2-2.コミュニケーション総合支援策の構築に向けた他制度利用や整合性の検討
研究分担者 井村  保、巖淵  守/研究協力者 高木 憲司、近藤 武夫

3.機器の機能や操作方法の分類についての検討(現行基準の整理と新基準の組み込み)
3-1.視線入力方式の意思伝達装置の利用実態調査と適用基準の整理
研究分担者 伊藤 和幸/研究協力者 井村  保

3-2.パソコン操作向けキーボード・マウス代用装置の機能調査
研究分担者 伊藤 和幸

【Ⅲ.研究成果の刊行に関する一覧表】

【Ⅳ.研究成果の刊行物・別刷】
(掲載省略)

カテゴリー: 報告書 パーマリンク